新聞連載小説 挿絵のお仕事

※連載終了までこの記事がトップに表示されます。更新記事は2番目以降をご覧ください。

2016年4月より地方新聞、村山由佳さんの連載小説『風は西から』の挿絵を描いています。
ブラック企業をテーマにした社会派のお話で、全310回続きます。

・上毛新聞(2016年4/14~終了)
・日本海新聞(5/8~終了)
・函館新聞(5/9~終了)
・神奈川新聞(5/11~終了)
・茨城新聞(5/30~終了)
・福島民報(6/28~終了)
・十勝毎日新聞(7/1~終了)
・デーリー東北(7/14~終了)
・釧路新聞(7/14~終了)
・沖縄タイムス(12/11~)
・秋北新聞(12/22~)
・中國新聞 夕刊(2017年2/18~)
にて連載中です。

ポスター(日本海新聞)
poster

上毛新聞紙面
kirinuki

第1回
kaze-1

第2回
kaze-2

第3回
kaze-3

第4回

kaze-4

第5回
kaze-5

第6回
kaze-6

150回分までTISサイトに載せています↓
1~30回分
31回~60回分
61回~90回分
91回~120回分
121回~150回分

☆ ☆ ☆ ☆

憧れの新聞連載挿絵のお仕事です!
責任の重さに押し潰されそうになりながら、4月からほぼ毎日、自分の持てる力を最大限、いやそれ以上出せるよう、頑張って描いています。

掲載は今のところモノクロのみですが、今後カラーで載る新聞も出てくるようです。
読む方が飽きないよう、線画にしたり、画材を変えたりしています。
(文芸系では珍しく、顔も描いてますよ!)

掲載新聞ご購読中の方、どうぞよろしくお願いいたします。
東京在住の方、どこかで掲載新聞をお手にする機会がございましたら、ぜひご高覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: お仕事 |

文芸誌のお仕事 小説NON 2017年7月号

6月22日発売、祥伝社 小説NON 7月号 安東能明さんの連載第2回 『ミラクル5』 の扉絵を描きました。

Illustration for the serial novel, Miracle5 by Yoshiaki Ando in the literary magazine, Shosetsu Non.

赤羽教会やスポーツ施設で保護された身元不明の老人4名。
その後、介護施設に収容されるが…。

☆ ☆ ☆ ☆

赤羽教会の外観を描きました。
赤羽駅からほど近くにあるこの教会は、周りの喧騒とは対照的に静かで凛とした佇まいをしています。

カテゴリー: お仕事 |

FAXを廃止しました

FAXを廃止しました。

・全くと言っていいほどFAX機能を使わない
・最近間違いFAXが増えてわずらわしい
・液晶画面に文字が表示されないなど故障している箇所があり、不便

などの理由から、FAX機能の無い電話機に買い替えました。
しかし2代目FAXからもう13年も経っているとは…。

FAX機能付き電話機を買った当初は、まだメールをする人が少なく、FAXを持ってる人の方が多いくらいだったので、よくイラスト入りFAXを友人に送っていたものです。なつかしい…。

新しい電話機はネコが踏んで誤作動させないよう、プッシュボタン側を伏せて置けるシンプルなデザイン。

古い名刺やポートフォリオをお持ちの方にはFAX番号が記されておりますので、念の為お知らせいたしました。

今後のご連絡は携帯電話またはメールの方にいただければ幸いです。

 

カテゴリー: 日々のこと |

イメージビジュアルのお仕事 第3回『はがきの名文コンクール』

第3回『はがきの名文コンクール』のイメージビジュアルを描きました。
全国の郵便局に貼られるポスター、配布用チラシ、朝日新聞の募集広告、作品集に使われます。

『はがきの名文コンクール』は2015年から始まったコンクールで、毎年テーマに沿った名文を全国から募集し、選考が行われます。
選考委員は齋藤孝さん、吉本ばななさん、堺屋太一さん。
第1回には4万通、第2回には3万通におよぶ応募があったそうです。

今年のテーマは【わたしの願い】。
締切は2017年8月9日(当日消印有効)。
大賞は賞金100万円!!
ご興味のある方はHPをご覧の上、ぜひご応募ください。

なお、第1回、第2回の受賞作をおさめた作品集はNHK出版から6月12日に発売されます。
装幀は三村淳さんです。

涙あり、笑いありの名文たち。
読むと心がじんわり、ほっこりします。
ぜひご購読ください!



線画のカットが色々な所にお目見えします。





どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

カテゴリー: お仕事 |

文芸誌のお仕事 小説NON 2017年6月号

5月22日発売、祥伝社 小説NON 6月号 安東能明さんの新連載 『ミラクル5』 の扉絵を描きました。

Illustration for the serial novel, Miracle5 by Yoshiaki Ando in the literary magazine, Shosetsu Non.

赤羽中央署 生活安全課・疋田警部補シリーズが1年9ヶ月ぶりに始まりました!
また扉絵のご依頼を頂けてうれしいです!

第4弾は老人が次々と保護されるところから始まります。
疋田の捜査やいかに…?!

☆ ☆ ☆ ☆

赤羽教会のステンドガラスを描きました。
赤羽教会はそこだけ急に雰囲気の変わる美しい教会で、テレビの撮影に使われたこともあるそうです。

 

カテゴリー: お仕事 |

文芸誌のお仕事 小説新潮 2017年5月号

4月22日発売、新潮社 小説新潮 2017年5月号 中島京子さんの『さもなきゃ死ぬかどっちか』の扉絵を描きました。

…とある喫茶店。
わたしは同じ名前の【トモコ】と一緒に行って…。

1年以上続いた連作も淋しいですが今回で最終回です。

懐かしかったり、切なかったり、不思議だったり…と色々な人間模様を毎回楽しませていただきました。

ありがとうございました!

カテゴリー: お仕事 |

イラストレーションファイル2017 下巻

3月31日発売、イラストレーター912人の仕事ファイル『イラストレーションファイル2017 下巻』(玄光社MOOK) に載ってます。 今年も最終ページ(P.481)です。
ぜひ後ろからめくってみてくださいね。

お陰様で掲載7年目。
今年も載せられるお仕事があってうれしい限りです。

webページも新しくなりました!
ぜひご覧くださいませ。

カテゴリー: お仕事 |

装画のお仕事 『遠く海より来たりし者』

3月30日発売、新潮社 暖あやこさん著 『遠く海より来たりし者』 の装画と扉1点を描きました。
デザインは新潮社装幀室さんです。



着眼点というか、発想がとても面白く、一度読みだしたら止まりませんでした。
ファンタジーでもあり、SFでもあり、ミステリーでもあり。
それでいて、こんなことがいつかどこかで起きるかも、いやもうすでに起きているかもしれない、というリアリティがあります。
過去と現在を行き来する手法もとても効果的。
この面白さは読んでいただかないと伝わらないなぁ。
ぜひご購読ください!

暖あやこさんは以前、井上綾子さんというお名前で『恐竜ギフト』という本を出されており、新しいお名前では初の著書となります。
今後の作品もとても楽しみです。

カテゴリー: お仕事 |

学会広報誌のお仕事 心理臨床の広場18 表紙

3月30日発行、一般社団法人 日本心理臨床学会の広報誌『心理臨床の広場』第9巻第2号
(通巻18)の表紙を描きました。

3月末の発行なので、春を意識して描いております。
やっとこんな草花が見られる季節となりましたね。

カテゴリー: お仕事 |

新聞連載『風は西から』挿絵、脱稿!

村山由佳さんの新聞小説『風は西から』、トップバッターである上毛新聞の連載が2月末に終了いたしました。
約10ヶ月、全310回!

原画の厚みはこんなに。

途中、椎間板ヘルニアや二日酔い(笑)に苦しみながらも、走り抜きました。

風邪やインフルエンザに罹ったとしてもなんとか描き続けられますが、緊急入院したり、右手を骨折したら描くことは不可能。それだけはご法度!という緊張感が常にありました。
最後まで描けた私、グッジョブ!

脱稿後に編集者のお二人、それぞれにいただいたお菓子とお花。
感激。
 
挿絵は描き終わりましたが、他11紙ではまだまだ続いており、中國新聞SELECT(夕刊)にいたっては2月18日に始まったばかりです。

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: お仕事 |

文芸誌のお仕事 小説新潮 2017年3月号

2月22日発売、新潮社 小説新潮 2017年3月号 中島京子さんの『カニと怪獣と青い目のボール』の扉絵を描きました。

…とある喫茶店。
そこへわたしよりチビの男の子がやってきて…。

ちょっぴりほろ苦く、切なさの残るお話でした。

☆ ☆ ☆ ☆

木の中から出てくるカニの絵を描きました。

なぜ木の中からカニが…?
気になったそこの貴方、ぜひお買い求めください!

カテゴリー: お仕事 |