装画のお仕事 『晴れ女の耳』

4月25日発売、角川書店 東直子さん著 『晴れ女の耳』 の装画を描きました。
素敵なデザインは祖父江慎+コズフィッシュさんです。
歌人でもある東直子さんの美しい言葉で書かれた、怖くて悲しい物語集です。
私は、大人のための民話、という印象を受けました。
llustration for the book cover,
Hare-onna No Mimi by Naoko Higashi
Client: KADOKAWA
Design: Shin Sobue + cozfish





小さくて分かりにくいかもしれませんが、帯を取ると見える蛾には小さなお婆さんが乗っています。
なぜお婆さんなのかは、本を読んでいただければ分かると思います。
動物も物言いたげに何匹か佇んでいますので、ぜひ探してみてください。

各章の扉、7点も描いています。







約1ヶ月をかけて、ラフやメールを何度もやり取りし、物語の世界観をすりあわせていきました。
東さん自身がとても素敵な絵を描かれるので大変恐縮するお仕事でしたが、その素晴らしい世界観が少しでも表現出来ていたら、うれしいです。
ぜひ、ご購読ください!!

カテゴリー: お仕事-client work- パーマリンク